栄養が凝縮されたグルコサミンサプリ|ヤクルトの健康食品

このエントリーをはてなブックマークに追加

青魚パワーで健康に

サプリメント

サプリでも補給可能

日本人の食生活といえばかつては魚中心でしたが、近年は西洋文化の影響を受けて肉中心に変わってきつつあります。この変化は、それ自体は良いとも悪いとも言えるものではありませんが、1つ問題があります。それは、これまで魚をたくさん食べていたことで十分な量を摂取していた栄養素が不足してしまうことです。その代表格と言えるのが、DHAやEPAといった不飽和脂肪酸です。DHAとEPAはいずれもサバやイワシ、アジなどの青魚に多く含まれる成分です。他の食材にはあまり含まれていないので、こうした魚類を食べる習慣がないと不足しがちとなります。ただ、最近ではDHA・EPAのいずれもサプリメントなどの栄養補助食品が出回っているため、上手に利用することで効率的に補給することができます。

生活習慣病を予防する

DHAとEPAはいずれも脂質の一種でありながら皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積されず、逆に体内脂肪を減らす働きを持っています。これらの成分には血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させる働きがあり、動脈硬化や高血圧症などの生活習慣病の予防に効果が期待できるとされています。また、DHAには脳神経を活性化させる作用があるため、記憶力や学習能力を向上させるのに役立つと言われています。一方、EPAには免疫力を強化し、感染症やアレルギーなどの症状を緩和する働きがあります。なお、EPAには食材を加熱すると溶け出してしまうという性質があります。そのため、調理法には注意が必要です。刺身で食べるのが最も効率的ですが、生魚が苦手という人はサプリメントで補うようにします。